TOPへ戻る

医院・クリニックが加入する保険の種類とは?

医院・クリニックが加入する保険の種類とは?

  • ホーム
  • クリニック開業の教科書
  • 医院・クリニックが加入する保険の種類とは?

医院・クリニックが加入する保険の種類とは?

2017年5月8日更新

社会保険
画像

クリニックを開業し従業員を1人でも採用すると強制的に加入しなければならない保険と任意で加入ができる保険があります。
広義でいう社会保険には「労災保険」「雇用保険」「健康保険」「厚生年金保険」があり、事業主は労働者に対して何かあった場合の最低限の保障の義務を負っています。

医院・クリニックが加入する保険の種類とは?

1.社会保険の基礎知識

(1)労働保険は従業員を1人でも雇い入れた事業所は強制的に加入義務が生じます

従業員が負担すべき保険料は毎月の給与や賞与から天引きをし、年に一回(7月10日まで)事業所負担分と合算して納付を行います。
保険料  例: 月給30万円/1か月
        労働保険料の事業所負担額3,000円(給料、通勤費の合計の1%)
        従業員の負担額1,200円(給料、通勤費の合計の0.4%)

(2)厚生年金保険は常勤者が5人以上の事業所の場合は強制的に加入義務が生じます

5人未満の場合は、任意で加入することができます。
強制加入とは政府が保険者である厚生年金に加入することであり、必ず健康保険もセットとなりこれを狭義の意味で社会保険と呼びます。
保険料  例: 月給30万円/1か月 (東京都、協会けんぽの場合)
        事業所負担額   44,052円 (健康保険、介護保険、厚生年金保険)
        従業員の負担額 44,052円 ? (健康保険、介護保険、厚生年金保険)

2.健康保険と年金の組み合わせ

クリニック開業時に常勤者が常時5人以上の事業所は厚生年金の加入が強制になりますが、5人未満の事業所であれば職員は下記のいずれかの保険に入ることになります。

  • 国民健康保険+国民年金
  • 医師国民健康保険+国民年金
  • 協会けんぽ+厚生年金へ任意加入する

保険料
・国民年金保険……16,260円(平成28年度) ・医師国民健康保険……都道府県ごとの組合により保険料が決められています  ※自家診療については保険請求をすることができません。 ・市区町村の健康保険……前年の所得を元に計算されます

職員支払イメージ

受付事務 185,000円 (前年年俸280万円)

  健康保険 年金
国民健康保険/国民年金 40歳未満 13,551 16,260 29,811
〃 40歳以上 16,867 16,260 33,127
医師国民健康保険/国民年金 40歳未満 14,000 16,260 30,260
〃 40歳以上 18,000 16,260 34,260
協会けんぽ/厚生年金 40歳未満 9,462 16,936 26,398
〃 40歳以上 10,,963 16,936 27,899

事業主支払イメージ

受付事務 185,000円

  健康保険 年金
国民健康保険/国民年金 40歳未満 0 0 0
〃 40歳以上 0 0 0
医師国民健康保険/国民年金 40歳未満 0 0 0
〃 40歳以上 0 0 0
協会けんぽ/厚生年金 40歳未満 9,462 16,936 26,398
〃 40歳以上 10,,963 16,936 27,899

職員支払イメージ

看護師 300,000円 (前年年俸280万円)

  健康保険 年金
国民健康保険/国民年金 40歳未満 22,469 16,260 38,729
〃 40歳以上 27,609 16,260 43,869
医師国民健康保険/国民年金 40歳未満 14,000 16,260 30,260
〃 40歳以上 18,000 16,260 34,260
協会けんぽ/厚生年金 40歳未満 14,940 26,742 41,682
〃 40歳以上 17,310 26,742 44,052

事業主支払イメージ

看護師 300,000円

  健康保険 年金
国民健康保険/国民年金 40歳未満 0 0 0
〃 40歳以上 0 0 0
医師国民健康保険/国民年金 40歳未満 0 0 0
〃 40歳以上 0 0 0
協会けんぽ/厚生年金 40歳未満 14,940 26,742 41,682
〃 40歳以上 17,310 26,742 44,052

※国保は東京都江戸川区で算出し、月額に割戻しています
※平成28年7月現在の保険料率

まとめ

どの保険にするかは、保険料の比較や給付内容の比較、雇用する職員の年齢などにもよって変わってきます。またそれぞれの保険のメリット、デメリットもよく理解した上で決定をしてください。

この記事を書いた人

矢野美穂子

税理士法人TOTAL 開業支援チームの中心メンバー。医療専門会計事務所で数多くのクリニック・医療法人の支援経験を積んだ後、税理士法人TOTALに参画。開業支援チームの核として、年間数十件のクリニック開業をリードしている。税務会計はもちろん『クリニックの労務』にも精通。複雑で面倒なクリニック開業の手続きを丁寧にきめ細やかに対応していく姿には、開業を控えた先生からの信頼も厚い。